« よくある・ユーモア短編集-68- 緩(ゆる)む | トップページ | よくある・ユーモア短編集-70- 急がば回れ »

2017年7月 4日 (火)

よくある・ユーモア短編集-69- 似ている…

 疲れていたこともあり、のんびりと出かけることにした宇佐山は、10時過ぎにブランチ[朝食と昼食を兼ねた食事]を済ませると、家を出た。腕を見ると、思ったよりは早く、11時にはなっていなかった。
 いつもよく通る道を歩いていると、これもいつものように人がチラホラと見え始め、街へ入ると、やがて人々がワイワイ、ガヤガヤと話しながら歩く雑踏になった。まあそれでも、それもいつものことだったから、取り分けて気にする風でもなく宇佐山は歩いていた。しばらくしたときだった。ふと、前方から対向して近づく中年男に宇佐山の視線が合った。瞬間、宇佐山はその男が馬に見えた。その男が通り過ぎた瞬間、宇佐山は思わず、「似ている…」と呟(つぶや)いていた。
「はっ?!」
 距離が近かったこともあり、その男は立ち止って振り向くと、宇佐山に訊(き)き返してきた。
「いえ! 失礼しました。人違いです…」
 一礼して宇佐山はソソクサと去った。『まさか、馬違いでした』とも言えんしな』と宇佐山は思いながら、フフフ…と笑みを浮かべた。そして、しばらくまた商店街を歩いていると、また一人の男と視線が合った。普通の若者だったが、どこから見ても山羊(やぎ)だった。宇佐山は通り過ぎたとき、また「似ている…」と小$声を出していた。
「んっ?! なんですか?」
 若者は、瞬間、変な顔をして訊(たず)ね返した。
「すみません。人違いでした…」
 宇佐山はすぐ頭を下げ、謝(あやま)った。変な人だ…とでも言いたげな顔つきで若者が去ると、宇佐山は人の顔を見ないよう、下を向いて歩きだした。
 腹が空いたので一軒の洋食屋に入ろうと顔を上げた、そのときである。商店街の街路を歩く人の顔が、すべて動物に見えたのだった。牛も河馬(かば)も豚(ぶた)もいた。宇佐山は立ち止って目を擦(こす)ったが、やはり人々の顔はすべて動物だった。こりゃ、動物園へ行く手間(てま)が省(はぶ)ける…と、宇佐山はニンマリとした。
 まあ、こんなことは、そうない話だが、ふと、○○○に似ている…と思うことは、よくある。

                             完

|

« よくある・ユーモア短編集-68- 緩(ゆる)む | トップページ | よくある・ユーモア短編集-70- 急がば回れ »