« 思わず笑える短編集-4- やりなおし | トップページ | 思わず笑える短編集-6- いやだいやだ… »

2017年8月 9日 (水)

思わず笑える短編集-5- ああしてこうして…

 蒼辺(あおべ)は春の陽気に誘われ、のんびりと自転車を漕(こ)いでいた。ギコギコと走らせていると、ああしてこうして…と、これからの予定が浮かんでくる。まずは、久しぶりに昔からある公園にでも行ってみるか…と蒼辺は思った。長い間、寄っていなかった・・ということもある。記憶に残るのは数十年前で、当時はよく親子連れもいた小奇麗な公園だったが、その後どうなったかまでは知らない蒼辺だった。公園でしばらく時を過ごし、小腹が空(す)いたところで、近くにあるはずの洋食屋、マロンで美味(うま)いステーキを食べる。確か…¥1,600ばかりでブランド牛の安価で柔らかい、舌が蕩(とろ)け落ちそうな絶品味が賞味できるはずだった。そして、腹が満ち足りたところで、その隣(となり)の珈琲専門店、楽園で食後の至福の一杯を味わう。カプチーノがいいか…と蒼辺は思った。そしてそのあとは…。まあ、そのとき考えれぱいい。蒼辺はそんな、ああしてこうして…を頭に思い描き、自転車を漕ぎ続けた。
 公園へ入ると、公園は案に相違して人っ子一人いなかった。そればかりではない。荒廃した佇(たたず)まいは、もはや公園と呼べるものではなかった。座り心地のよかった木製ベンチも足の一本が朽(く)ち果てて折れ、僅(わず)かな傾斜角で傾いていた。しばらく時を過ごすつもりの蒼辺だったが居たたまれず、洋食屋のマロンへ向かった。ところが着くと、店は定休日で閉まっていた。蒼辺が思い描いたああしてこうして…は、二つまでも思いは果たせなかった。仕方がない…と蒼辺は隣の楽園前で自転車を止めた。そのとき、である。
「すみませんねぇ~、今日は臨時休業なもんで…」
 店主らしき男が出てきてシャッターを閉じ始めた。
「ああ、そうですか…」
 仕方なく、蒼辺は元来た道を戻(もど)り始めた。このままかっ! と、蒼辺は無性に腹が立った。いつの間にか知らない道を辿(たど)っていた。すると妙なもので、見たことがない和食の料理屋が目の前に現れた。蒼辺は店に入った。すると、メニューに美味(おい)しそうな写真入りの品書きがあった。蒼辺はそれを注文し、満足げに食べ終えた。すると、オーダーしていないのに、和菓子と抹茶茶碗を盆に載せ、店主が持って現れた。
「初来店のお客様への開店記念のサービスでございます…」
「ああ、そうですか…」
 ああしてこうして…は果たせなかったものの、気分よく蒼辺は帰宅した。それ以降、蒼辺は、ああしてこうして…と考えるのはやめている。
 まあ物事は、考えず動くと失敗して上手(うま)くいかないものだが、ああしてこうして…と考え過ぎるのも上手くいかない場合が多い。

                        完

|

« 思わず笑える短編集-4- やりなおし | トップページ | 思わず笑える短編集-6- いやだいやだ… »