« 思わず笑える短編集-88- すみません… | トップページ | 思わず笑える短編集-90- 優先順位 »

2017年11月 1日 (水)

思わず笑える短編集-89- お偉(えら)い人

 世の中には底辺で生きる人から頂点で生きる人まで、さまざまな人が生活をしている。頂点で生活するお偉い(えら)い人が上から目線で下で生活する人を見た場合、その人は蛆虫(うじむし)に見えることだろう。それは言うまでもなく、語るに落ちた思い上がりなのである。
「私は一介(いっかい)の労働者ですから言える立場じゃないんですが、そうじゃないと思うんですよ…」
 労働組合の組織委員長である川丸は、招(まね)かれた経営委員会の席上、円卓に座る多くの首脳トップを前に、小さな声でそう反論した。会社は経営が行き詰まり、ここは一つ社員達の改善案も聞こうじゃないか・・ということで、川丸はこのお偉い人の席に呼ばれたのだった。
「どうしてだね?」
 お偉い人の一人が上から目線で、そう訊(たず)ねた。
「いや、飽くまでも私の経験から感じた勘(かん)です」
 あちこちから笑い声がドッと上がった。
「ははは…勘かね。分かった分かった。一応、聞いておこう」
 当然ながら川丸の意見は却下された。だが、その一年後、会社は破産宣告をする破目に陥(おちい)って潰(つぶ)れ、管財人による再建委員会が開かれた。その中に川丸の姿があった。多くのお偉い人だった経営者は解雇され、川丸が管財人によって執行役員に推挙された。お偉くなかった川丸がお偉い人になったのである。

                           完

|

« 思わず笑える短編集-88- すみません… | トップページ | 思わず笑える短編集-90- 優先順位 »