« 逆転ユーモア短編集-20- 暑くもなく寒くもなく | トップページ | 逆転ユーモア短編集-22- 断線 »

2018年6月21日 (木)

逆転ユーモア短編集-21- 食わずと食えず

 食えず・・の状況を分析すれば、病状で医学的な症状や経済上に問題がある場合となる。一方、食わず・・というのは、個人の意思によるものだから、いささか横柄(おうへい)で上から目線の個人的な考えだ。こういう横柄な人は、いつの間にか、食えず、この場合の食えずは経済的に食えない状況なのだが、そちらへ変化しやすい。世の中を生きる上で横柄な性格の持ち主は、高い確率で逆転して損をすることが多い。それだけならまだしも、相手がそれによって損害を蒙(こうむ)るようなことがあると、恨みを買って生命の危機に晒(さら)されることだってあるのだ。逆に、食えずの人の場合、病気は別として、苦労した分、人間的に完成されるし、人生が好転する因にもなるから、食える・・へと変化しやすい。
「ダメでしたね、平坂さん!」
「ははは…もう馴れてますよ、山本さん! 私の人生、ずっと食えませんでしたから…」
「今度こそ! と期待しておったんで残念です…」
「ははは…いいんです。ダメだった分、いいこともありましたから」
「ええっ! それは、どうしてです?」
 山本は身を乗り出し、耳を欹(そばだ)てた。
「同情していただいた方から、以上の応援のカンパや品物が送られてきましたから。有り難いことに、なんとか食えるようにはなりました」
「それは、よかった! ところで、奥歯(おくば)さんが大変なことだそうですな」
「ええ、私も人から聞きました。あの実業家が食えなくなるとは…」
「そうらしいですな。あっても横柄に粗食は食わなかった人ですが、食えない状況になられるとは…」
「逆転です。いけません、いけません」
「あの方は…」
 平坂は楊枝(ようじ)で口をシーハーシーハーと言わせながら、モノの挟(はさ)まったような言い方をした。
「なんです?」
「いや、なんでもありません…」
  食わず・・が、食えず・・に逆転することはあるようだ。

          
                   完

|

« 逆転ユーモア短編集-20- 暑くもなく寒くもなく | トップページ | 逆転ユーモア短編集-22- 断線 »