« 泣けるユーモア短編集-9- 負ける | トップページ | 泣けるユーモア短編集-11- 世の流れ »

2018年9月18日 (火)

泣けるユーモア短編集-10- 設定

 作家の軽羽角(かるはずみ)は朝からパソコン作業に余念がなかった。と、書けば、いかにも仕事熱心に思えるのだが、内情はそうではなく、画面設定のひょんなミスで、厄介で難儀なトラブルに巻き込まれたのだった。それでも、そのままにしておけば作業に支障はなかったのだ。それを、ああでもない、こうでもない…と弄(いじ)くったものだから、少しずつパソコン本体の調子が悪くなり出したのである。恰(あたか)も、関が原の戦い当時の徳川秀忠公の上田城攻めにも似て、ぅぅぅ…と泣ける難儀(なんぎ)な事態に立ち至った訳だ。スゥ~~っと素通(すどう)りなされれば、どうってこともなかったのだが、意固地(いこじ)におなりあそばされた結果、散々な目に立ち至られ、真田氏に梃子摺(てこず)られた・・という状況に似通(にかよ)っている。結果、秀忠公は関が原の戦(いくさ)には間に合わなかった・・として史実に残っているのだが、軽羽角の場合は、美味(おい)しい鰻重(うなじゅう)を食い損(そこ)ねた・・という史実として残る・・いや、残る訳はないが、まあ、ぅぅぅ…と泣けることになった訳である。
 設定を一つ不用意に弄ると、まあ軽羽角のように、ぅぅぅ…と泣けることに至るから、最近の高性能機器を取り扱う際(さい)は、くれぐれも慎重さが求められる・・というお話だ。

        
                   完

|

« 泣けるユーモア短編集-9- 負ける | トップページ | 泣けるユーモア短編集-11- 世の流れ »