« 泣けるユーモア短編集-17- 雪(ゆき) | トップページ | 泣けるユーモア短編集-19- 意識 »

2018年9月26日 (水)

泣けるユーモア短編集-18- 先読み

 これから先、起こるであろう…と考え得る読み筋(すじ)を誤(あやま)ると、取り返しがつかない失態を呼ぶ。これが囲碁、将棋、チェス、トランプなどの場合では敗着(はいちゃく)となる。囲碁、将棋などのプロ棋士が、プロ風に、「見損じですね…」とかなんとか、いかにも私は専門家だ…と言わんぱかりの上から目線で語る先読みのミスだ。これは何も対戦や試合などに限ったことではなく、すべての社会生活で起こり得る事実なのである。
 春近い、とある定食屋の前を二人の社員が話しながら次第に近づいてきた。
「フフフ…今日の日替わり定食は焼肉だろっ!」
 東雲(しののめ)は勝ち誇(ほこ)った口ぶりで、もう一人の同僚(どうりょう)、黄昏(たそがれ)に言った。
「ははは…それはお前、先読みが甘いっ! 俺の直感だと、昨日(きのう)のアレからして…そう! たぶん、生姜(しょうが)焼きだっ!」
「んっ? その根拠(こんきょ)はっ!」
「だって、お前。昨日はトンカツだったろ?」
「ああ、まあ…。それが、なぜ生姜焼きだ?」
「そら、そうさ。俺のデータ分析によれば、トンカツの次の日は、ほぼ100%の確率で生姜焼きなんだっ!」
「ほう…それはなぜだ?」
「さあな? たぶん、余った豚肉をスライスして生姜焼きにするんじゃないか? 材料費の関係でなっ!」
「なるほどっ! そういや、うちの会社もそうだな…」
「ああ…有効利用って訳だ」
 二人が店前の暖簾(のれん)を上げ、店内へ入ると、その日の日替わり定食はアジフライだった。黄昏の先読みは完全に甘く、ハズレだった。黄昏は面目(めんもく)を失い、ぅぅぅ…と、テンションを下げた。
 先読みが甘いとテンションを下げることになるようだ。

          
                   完

|

« 泣けるユーモア短編集-17- 雪(ゆき) | トップページ | 泣けるユーモア短編集-19- 意識 »