« 泣けるユーモア短編集-38- 雛祭(ひなまつ)り | トップページ | 泣けるユーモア短編集-40- もう少し »

2018年10月17日 (水)

泣けるユーモア短編集-39- いつもの

 桜田は駅前の駐車場へいつものように車を止め、いつもの駅の改札へスゥ~っと流暢(りゅうちょう)に入った。そして、いつもの勤務地へと、それもいつもの通勤用の鞄(かばん)を右手に持ち、いつもの時間帯の電車に乗るつもりで階段を上がってホームへと下りた。すべてが、いつもの繰り返しだった。今日もこうして流れていくのか…と、桜田が半(なか)ば溜め息を吐(つ)きながらホームのベンチで電車を待っていると、どういう訳かこの日に限って電車が来ない。妙だなぁ~? と訝(いぶか)しげに辺(あた)りを見回せば、これも妙なことに人っ子ひとりいないのである。そんなこたぁ~ない! と自分に言い聞かせ、桜田はベンチを立つとホームをウロウロと動き出した。そのときである。
『まもなく2番線に○□行きの快速が入ります。危険ですから、黄色い線の内側まで下がってお待ち下さい』
 聞きなれた駅自動放送が桜田の耳に飛び込んできた。桜田は、やれやれ、人はいる…と、ひとまず安心し、いつものライン番号近くのベンチに座って電車の到着を待った。だがしかし、数分が経(た)っても、いっこう、いつもの○□行きの快速電車が来ないのである。桜田は、ふたたび、そんなこたぁ~ない! と自分に言い聞かせ、駅員を探そうと立ち上がった。ところが、どういう訳かこの日に限って、駅員の姿がどこにも見当たらない。桜田は焦(あせ)る必要がないのに焦った。
「おぉ~~いっ!!」
 桜田は、いつの間にか叫んでいた。
「どうしたのっ! 遅刻するわよっ!!」
 大声に桜田が瞼(まぶた)を開けると、ベッドの上にはいつもの妻が警視総監が指揮するような厳(いか)つい顔で立っていた。桜田は悲喜こもごものビミョ~な感情に、思わずぅぅぅ…と泣けるのを我慢(がまん)した。

         
                   完

|

« 泣けるユーモア短編集-38- 雛祭(ひなまつ)り | トップページ | 泣けるユーモア短編集-40- もう少し »