« 暮らしのユーモア短編集-92- 手動と自動 | トップページ | 暮らしのユーモア短編集-94- 妨害と協力 »

2019年3月20日 (水)

暮らしのユーモア短編集-93- 効率よく

 暮らしの中では効率よくコトを運ぶ・・という行動パターンが欠かせない。分かりやすく言えば、無駄がなく効果もあり、なおかつロスが少ない・・という行動パターンである。一例を挙(あ)げれば、朝の涼(すず)しいうちに買い物に出ればいいものを、灼熱(しゃくねつ)の暑い昼の最中(さなか)に、出なくてもいいのに自転車で出る・・といった場合だ。効率よく朝に動けば、汗をビッショリ掻(か)かず、衣類の洗濯もせずに済む・・といった話になる。自転車は小回りが利(き)くが、暑さ、寒さ、雨などには不向きだ。しかし、快適な気候で時間がある場合などは自転車で・・というのが運動にもなるから、効率よく・・といえるだろう。時と場合[ケース・バイ・ケース]で判断して使い分けること・・これこそが効率よく・・の基本形なのである。
 仕事が早く終わり、早乙女(さおとめ)は、さて、これから…と、考えていた。いつもより小一時間ばかり早い五時に職場を出てしまったからだ。アノ店へ寄れば、いい気分で酩酊(めいてい)し、まあ少なくとも三時間は壷(つぼ)入りすることになる。小一時間を引いたとしても二時間だから、五時+二時間=七時か…と、早乙女は足を一端、止めた。歩道の途中で急に止まったものだから、往来の人は訝(いぶか)しそうな顔で早乙女を見ながら通り過ぎていく。七時は妻の機嫌(きげん)を損(そこ)なう恐れがあるギリギリの時間だからだ。早乙女は、ここは効率よくいこう! と、目論(もくろ)んだ。ウダウダと適当に飲めば、恐らく七時は過ぎるだろうから、ボトルで数杯! ・・これで効率よく六時半には…という算段だった。
 アノ店は誘惑(ゆうわく)の光を灯(とも)らせ、早乙女を待ち構(かま)えていた。
「…いらっしゃいませっ!」
「… キープ!」
「はいっ…」
 常連に多くの言葉は要(い)らない。早乙女とバーテンは、二言三言(ふたことみこと)言葉を交(か)わしただけだった。コトは早乙女の目論見(もくろみ)どおり進むかに思えた。がっ! しかし、である。効率よく進み過ぎ、考えていた時間より20分ばかり早く進んでしまったのである。これは、いかん! …もう、1杯っ! 早乙女は思わず、そう口走っていた。
 結果は…多くを語らずとも、読者の方々には、もうお分かりだろう。早乙女家から五月蝿(うるさ)いばかりの叱声(しっせい)が聞こえるではないか…。^^
 効率よく・・は、失敗しないことを含(ふく)むのである。

         
                               完

|

« 暮らしのユーモア短編集-92- 手動と自動 | トップページ | 暮らしのユーモア短編集-94- 妨害と協力 »