« 暮らしのユーモア短編集-84- もう一息(ひといき) | トップページ | 暮らしのユーモア短編集-86- 単調(たんちょう) »

2019年3月12日 (火)

暮らしのユーモア短編集-85- レトロ

 最先端の文明社会を生きる人々がレトロを求め、寛(くつろ)ぎの空間で、しばし、憩(いこ)いの世界に浸(ひた)るのは何故(なぜ)? と皆さんはお考えにならないだろうか。レトロ・・これこそ過去の姿を残すゾーンなのである。殺伐(さつばつ)とした今の時代だからこそのレトロなのだろうが、レトロには、どこか秘められた謎(なぞ)の力があるのかも知れない。
 昔馴染(むかしなじ)みの老人二人が旅に出て、レトロに満ちた古刹(こさつ)を巡っている。
「いいですなぁ~…なぜか、こういう自然を眺(なが)めておりますと癒(いや)されますなぁ~」
「左様で(さよう)…。私の近くなど、以前は閑静(かんせい)な佇(たたず)まいだったのですが、最近は随分(ずいぶん)と騒がしくなりまして、とても人が暮らせる空間ではなくなりました…」
「そうですか…。私の所にしたって同じです。50年も前は車が一台とて通っておらなかったのですが、今じゃ、数珠(じゅず)繋(つな)ぎでして、ははは…」
「いや、私の所とて同じです…」
「こういう所は変わりませんなぁ~」
「ある意味、氷の世界ですな。水の世界は動きまくりますからなぁ~」
「ええ…。動いてどんどん流れればいいのですが、一度(ひとたび)流れが止まれば、澱(よど)んで腐(くさ)ります」
「確かに…。最近は特に世の中の澱みを感じますなぁ~」
「ええ、臭(にお)ってきましたからな。明日の暮らしだって分りゃしないっ!」
「そうそう、こういう変わらない古刹で、ずう~~っと暮らしたいものです…」
「名残(なごり)はつきませんが、そろそろ、澱んだ方へ戻(もど)るとしますか」
「そうしますか…。ははは…実のところ、戻りたくはないのですがなっ!」
「そうですなっ!」
 二人は溜息(ためいき)を一つ吐(つ)くと、旅先の古刹の一角に設(もう)けられたベンチから立ち上がった。そして、お抱え運転手によって開けられた高級外車の後部座席へと乗り込み、ゆったりと帰途に着いた。実は、この二人、とある最先端企業財閥の元会長だったことを付言(ふげん)させていただきたい。
 最先端の水の流れは、変わらないレトロな氷の世界に魅(み)せられる傾向にあるようだ。^^

                          完

|

« 暮らしのユーモア短編集-84- もう一息(ひといき) | トップページ | 暮らしのユーモア短編集-86- 単調(たんちょう) »