« 愉快なユーモア短編集-50- どっこい! | トップページ | 愉快なユーモア短編集-52- 台風 »

2019年5月17日 (金)

愉快なユーモア短編集-51- 好き嫌い

 最近の子供は好き嫌いが多いという。特に食べ物に関してはその傾向が強いようで、親御さんの悩みの種の一つにもなっているようだ。好きな食べ物だと愉快な気分となり、嫌いな食べ物だと不機嫌になるという。昭和30年代の半ばに育った世代から言わせれば、有り得ない事態なのである。なにせ当時は食べられれば腹が満たされ有り難かった。私も含め、栄養失調の子供で溢(あふ)れていた時代だったのである。好き嫌いがあれば、当然ながら物事を公平に見る、考えることが出来なくなる。偏(かたよ)る・・という訳だ。ある種の我侭(わがまま)、増長ともいえる人間心理で、人としていかがなものか? と、その傾向の高まりに疑問を投げかけたくなる事態なのである。
 とある商店街の一角にあるうどん屋の近くである。二人の女性が語らいながら歩いている。
「あたしは断然、しっぽく派っ!」
「いやだわっ! あたし、シイタケ嫌いなのよっ! だから、月見派っ!」
「あらっ! あたしは生卵、苦手なのよぉ~」
「そうなのっ? 美味しいのに…」
 うどん屋前で足を止め、二人は暖簾(のれん)を潜(くぐ)った。
「へい、いらっしゃい! 何にしましょ?」
「素(す)うどん!」「素うどん!」
 二人は異口同音に言った。
「あらぁ~!」「あらぁ~!」
 二人は意外な一致に、愉快な気分でニンマリと顔を子合わせた。二人とも好き嫌いのある具入りを避(さ)け愉快な気分になったのである。だからといって、物事を公平に観られる・・という訳ではない。
 好き嫌いをなくすことで、人は愉快な気分で光り輝けるのである。^^

        
                   完

|

« 愉快なユーモア短編集-50- どっこい! | トップページ | 愉快なユーモア短編集-52- 台風 »